知識を高める|早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】

早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】

サイトメニュー

知識を高める

ハート

傾聴と共感ができているか

うつ病に関する知識を深めることは、よい治療を受けるための第一歩です。そのため、うつ病だと診断をされたら、主治医に経過や治療法、日常生活の留意点などを聞き、協力者がいる場合にはその人の役割などを尋ねるようにします。治療上、自分の病気と向き合い、主治医とのより良い関係をつくるには大事なことです。どうしてうつ病になったのか、今後どうなっていくのかなど不安はありますが、自分の状態を具体的に知り、どのような経過をたどるのか先の見通しがわかっていれば安心できます。また、治療中は医師のいいなりで、治療に納得がいかないなどのトラブルは起きがちです。しかし、これもまた、本人にある程度の知識があれば、スムーズにいきます。本人が成人しているケースでは、家族が通院の際に常に付き添いをする必要はありません。ただし、急な変化が見られるときなどは同行します。もし、受診を嫌がるときには、病院に電話連絡をいれることが大事です。家族が診察に口をはさむことで、本人が気持ちを素直に出しにくくなることもあるので注意します。うつ病の治療は、ゆっくりと時間をかけることが必要なので、周囲は見守ることが賢明です。うつ病の治療をスタートするにあたって、診断をしてもらった病院よりも、もっといいところがあるのではと感じたり、あるいはもっといい治療を提案してくれるところがあるのではと考えてしまったりするかもしれません。大事なことは医師や看護師が訴えをじっくりと聞いてくれるかと共感してくれるかの2点です。これらは診断してくれるまでの様子はどうだったかや治療に関してや今後のことに関して尋ねた時に、どんな態度で返答してきたかなどから判断できます。現在の医療機関では、5分から10分の診察と非常に短い時間であることが多いです。ただし、5分でも医師は肝心なことは聞き取っていますし、要領よく患者を診るテクニックを持っています。初診は1時間程度が目安ですが、治療により通院している場合も、必要に応じて20分から30分、時には1時間かけることもあります。また、医師が無理でも看護師が代わりに訴えを聞いてくれることもあるので、どんなスタッフが揃っているかも大事なポイントです。診察の時間だけで判断するのでなく、医師をはじめとする病院スタッフとの相性を重視して、うつ病の長い治療にともに向き合えるような医療パートナーを探すことが大事です。

Copyright© 2018 早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】 All Rights Reserved.