早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】

サイトメニュー

誰かが悪いわけではない

医者

ストレスとのバランス

うつ病は過度なストレスを慢性的に感じ続けた結果、精神や肉体的に負荷がかかり発症する病気です。そのため、ストレスに鈍感であったりストレスを我慢してしまったりする人がうつ病にかかりやすい人の特徴と言えます。ストレスを感じない人間は一人もおらず、嬉しいことや自分にとってプラスの出来事でも少なからずストレスを感じています。引っ越しや転勤、リーダーや責任者などプレッシャーの多い仕事をしている人は環境の変化も激しく、安寧な生活をしている人よりはうつ病リスクは高くなります。しかしこういう仕事をしている人が全員発症してしまうかといえばそうでもなく、うまくガス抜きができる人はリスクがぐっと下がります。休みの日に趣味に没頭したり、自分の限界を理解してうまく休んだり適度にさぼったりできる人は上手に危機回避できています。反対に発症してしまった人も必ずしもガス抜きができていない人ばかりというわけではなく、降りかかるストレスが多すぎてガス抜きが追い付かなかった人もいます。発症は自分の限界を心身ともに超えてしまったことで起き、限界を超えてしまうのはストレスとガス抜きのバランスがとれていないことに起因するところが大きいです。うつ病の治療方法は世間で知られているよりもたくさんあります。薬物療法やカウンセリングが一般的ですが、ほかにも箱庭療法など行動によって改善を図る方法も存在し、軽度のうつ状態であれば薬なしでも快方に向かう場合があります。しかしうつ病はとても難治性の複雑な病気でもあり、一時的によくなっても再発してしまうなど、長い目で見た治療が必要となります。専門的知識を持った医師に相談し、経過を見ながら慎重に治療を試していくことが重要です。日々の生活で行なえる治療のひとつに、認知行動療法というものがあります。うつ病になってしまうと考え方がマイナスの感情へながされやすくなります。例えば一日の行動やその時感じたことをノートに書き出し、客観的に見つめなおしてみます。するとそのときにひどくショックを受けたり悲しくなったようなことも、考えてみたらそれほど大したことじゃなかったと気づけたりするのです。これを繰り返していくと同じような場面に出くわしたときに「大したことじゃなかった」という記憶が残っているため、うまく受け流すことができるようになります。このように生活の仕方でうつのリスクを軽減していく治療法もあります。

Copyright© 2018 早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】 All Rights Reserved.