早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】

サイトメニュー

適正な治療を受ける

男性

初めてだらけ

うつ病だと分からない場合、出費が嵩むケースもあって、例えば、CTやMRIを使った検査が当てはまります。診断が確定しないと、どうしても不安になるため、あちらこちらの病院を回ったり、名医がいる遠方の病院へ行ったりするなどすれば、交通費も無視できない出費にもなります。また、病院によっては、保険のきかない自己負担になる検査もあります。一般の紹介状には2500円がかかり、セカンドオピニオン用はその倍となります。初診料は2700円が相場のようですが、中には、よく調べてから受診した方がよい場合もあります。例えば、紹介状なしに大病院を受診すると、選定療養費として数千円支払う必要があったり、全額自己負担になったりする場合もあります。うつ病の治療にかかるお金は、他の病気に比べると飛び抜けて高いとは言われていません。国の自立支援医療制度を活用することにより、医療費の自己負担を軽減できるため、経済的に苦しい患者の救済策としても評判はよい印象です。対象になる費用は、病院に行った時にかかる診察料の他にも、薬代や往診、訪問介護まで幅広くカバーされます。詳しいことを知りたいならば、病院のソーシャルワーカーに尋ねてみることをおすすめします。うつ病は決して特別な病気ではなく、年齢や世代を問わず、誰にでも発病する可能性のある病気です。ですが、うつ病だという診断を受け、戸惑う人も少なくありません。統計的な調査によると、日本人の6人に1人は、一生の間に一度はうつ病にかかることが明らかになっています。この病気は、よくある病気の1つであることは、初めてで戸惑う人に対して、プラスになる情報だとも思えます。うつ病の初期には、薬と休養を基本とした治療を優先して行い、やや症状が改善してからカウンセリングなどを併用します。よくなる日もあれば、薬を服用していても憂鬱な気分が取れない日もあります。ですが、焦らせずに、地道にゆっくりと治療に取り組めば、再発しない回復に繋がることを担当医は知っています。なので、回復にはそれなりの時間がかかること、症状が悪化することもあります。戸惑うことばかりでしょうが、医師からのアドバイスとしては、些細な変化でもよくなった点に目を向け、希望をもって治療に取り組んでほしいという点です。

Copyright© 2018 早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】 All Rights Reserved.