早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】

サイトメニュー

病院だから服薬治療も安全

カウンセリング

先ずは初診の予約から

消化器や循環器に症状が出ていても、心に起因する体調不良なら、一般内科では原因を特定することができません。そんな時に受診すると良いのが心療内科ですが、うつ病をはじめとした心因性の症状を治療してくれるのが魅力です。心の病気が完治すれば、体に出ている症状もやがて消えますから、根本的な治療を行えるのもメリットになります。また、うつ病は特定の物質が減少して起こるともされており、薬によって改善できる病気でもあるのです。ですから心療内科、もしくは精神科へ行けば、処方薬によって辛い症状を治せるのが利点です。どの薬を何錠飲むかなど、それぞれの患者に合った服薬計画を医師が立ててくれるため、安心して任せられます。本来、処方箋がなければ買えない医薬品も、現在では個人輸入で海外から手軽に入手できますが、その場合は薬の選定から服用量まで自己判断になるため大変危険です。抗うつ剤は急に断薬すれば副作用を招きますので、うつ病の服薬治療は、医師の下で受けた方が良いことを覚えておきましょう。ストレスなどでうつ病の疑いを感じた時は、心療内科や精神科で診察を受けるのが大切ですが、殆どの外来は予約制ですので、先ずは初診の予約を取りましょう。基本的にほかの外来と同じで、通いたい病院に電話をして、うつ病治療の初診を受けたいと伝えれば、後は先方が案内してくれます。名前や希望日時など、病院によって色々質問されますから、それに答えていけば大丈夫です。場合によっては現在困っている事柄などを聞かれますので、一番困っていることから話していきましょう。急に考えたのでは上手く話せない場合もあるため、電話する前に、予めメモなどに書いておくのも良いかもしれません。また、初診時は検査を行う場合も多いので、必要に応じて、どれぐらいお金を持って行けば良いのか聞いておきましょう。一方、ホームページ上でも予約を入れられる病院なら、ネットから初診予約を入れると簡単です。もしもホームページ上で問診票も提供されていたら、それをプリントアウトして記入し、初診の当日に持参すれば病院で書く手間が省けます。

Copyright© 2018 早めに受診しよう【うつ病の症状の代表格が抑うつ】 All Rights Reserved.